• ABOUT

    About NOSTALGIA CAFE

    オーナーが新たなステップとして映画興行界での約20年の経験を経て、自身のカルチャーへの価値観をミニマルな要素で空間に表現し、気軽に立ち寄れてふっと落ち着くことのできるノスタルジックな空間を、カフェでのパティシエ経験やアパレルでサービス業の経験を積んできたパートナーと共に、様々なカルチャーを醸成してきた中央線エリアの喧騒からちょっと離れたところに立ち上げました。

     

    ニューヨーク・マンハッタンのダウンタウンに存在していたかのようなレトロなサインペイントが施された外観のファサードや、心地よい音楽が流れ、クラシカルなペンダント照明が吊り下げられたゆとりのある店内では、アメリカのクラシックなレシピをベースとした、普遍的でシンプルながらここでしか味わえないグリドルで焼き上げるサンドイッチ、こだわりのミートボール、ホームメイドの焼き菓子やスペシャルティーコーヒーなどが楽しめます。

     

    早稲田通り沿いに設えたカウンターで一人外を眺めながら物思いにふけったり締め切り間近の仕事をしたり、テーブル席では家族や恋人と何気ない会話で笑い合ったり友人と映画や音楽の話をしたり、近隣に住まわれている方や働かれている方はもちろんこと、中央線沿線が持つ文化的な特徴から映画、音楽、ファッション、デザイン、アートなどのカルチャーに関心のある様々な人たちがジャンルレスに集える場所になれればと願っています。

    About Us

    北海道出身のオーナーは札幌市内の映画館にて映写技術者として映画興行界でのキャリアをスタート。その後、外資系シネマコンプレックスの運営会社に移籍し、技術畑の他、フィルム上映からデジタル化への転換作業や最新上映システムやサービスの導入など国内シネマコンプレックス事業の発展とともに約20年間映画興行界に従事。人生の後半をかねてより思い描いてた空間を表現し共有できるサービス業を考え、退職後約1年の準備期間の後、NOSTALGIA CAFEを開業。

     

    神奈川県出身のパートナーはアメリカ留学の後、大半をサービス業に従事。幼少期よりお菓子作りが好きで独学で勉強し、カフェやホテル製菓部門での勤務やアパレル店での店長業務などを経験した後、オーナーと共同でNOSTALGIA CAFEを開業。

    About Our Food

    NOSTALGIA CAFEでは、サンドイッチ、ミートボール、焼き菓子、コーヒーを主軸に据えて、アメリカのクラシックなレシピをベースとした、ニューヨークのデリにあるようなメニューを揃え、ソースに至るまでホームメイドにこだわって作っています。

     

    <SANDWICHES>

    アメリカでは一般的でも日本ではまだなじみの薄いルーベンサンドイッチ。スパイスとともに数日間ブライン液に漬け込んでじっくり茹で上げたコーンドビーフと、風味豊かで濃厚なスイスチーズを自家製ロシアンドレッシングを塗ったパンに、軽く炒めたザワークラウトと共にサンドし、バターを塗った表面をグリドルでゴールデンブラウンに焼き上げます。それぞれがマッチして奥の深い味わいのノスタルジアルーベンとして仕上げました。

     

    また、サブマリン(潜水艦)が由来のホットドックパンにミートボールを挟んでソースをかけたミートボールサブ、オーブンでホロホロにして自家製BBQソースを絡めたプルドポークのサンドイッチや、ちょっとアクセントを加えた定番のBLTやグリルドチーズサンドイッチ、また、食べたらやみつきになるソテーしたバナナとベーコンをピーナッツバターを塗ってサンドしたエルヴィスなど、どれもがおすすめメニューになっています。

     

    <MEATBALLS>

    ニューヨークの味といっても良いミートボール。アメリカのクラシックなレシピをベースに、ハーブやチーズなどを混ぜ合わせゴルフボール大の大きさで噛みごたえのある肉々しい食感でジューシーにオーブンで焼き上げました。クラシックトマト、オニオンクリーム、ブラックビーンチリの3種類の特製ソースから選んで、ライス、フォカッチャやパスタと一緒に様々なスタイルでお召し上がりいただけます。

     

    <BAKED GOODS>

    こだわりのチーズケーキや定番の洗練されたバナナブレッドやキャロットケーキのほか、風味豊かで濃厚なバターベースのものや、ソフトで軽い味わいのオイルベースのパウンドケーキやマフィンなど、季節のフルーツやナッツ、スパイスを使ってコーヒーとのペアリングもばっちりの味わいに仕上げました。テイクアウトも可能です。

     

    <COFFEE>

    国外からも人気の高いOnibus Coffeeより、一般に流通しているコーヒー豆とは違い、厳格な品質基準でフェアトレードされたスペシャルティコーヒーだけを使用して提供いたします。Onibus Coffeeの特徴である浅煎りのコーヒーは明るく爽やかな酸味があって、とてもフルーティーな味わいで、ふっと一息の一杯や、焼き菓子とのペアリングは最高です。

  • INSTAGRAM

    Please follow us !

  • ACCESS

    1-36-10 Nogata, Nakano-ku, Tokyo 165-0027
    Hours: 11:30 - 21:00 LO20:30
    Closed Monday *See our schedule.
    03-5942-8266
    All Posts
    ×